パンティをどれだけ薄くするか?が勝負だった

ヘアヌードも禁止されていた時代の、エロティック雑誌の撮影

パンツ丸見えの超ミニスカートやビキニは当たり前、店によってはトップレスだったりして、脱ぐことに抵抗が少なく、若くて都会的な彼女たちは松尾書房のコンセプトにぴったりだったらしく、初期の雑誌には頻繁に登場する。また「カメラマンが連れてきたファッションモデル」というのが、よく見てみると最後までオッパイ見せてなかったり、確かにそうした説明にはリアリティがある。妙な話なんだが、松尾の雑誌では透けパンで陰毛うっすら見えているのに最後まで胸を見せないというパターンが意外に多かったりする。

どうも、松尾書房は「エロ本だ」というのをモデルに伝えないで撮っていたんじゃないか、とそんな気もする。ヌードモデルを連れてきて撮るのではなく、「下着の撮影だから」と、まるでファッション関係かなんかのような説明をしてそこら辺の女の子を連れてきたのではないか?そう考えるのには理由がある。1979年に私はアリス出版という自販機ポルノの会社に就職するのだが、アリス出版では自社で女性誌や求人誌にモデル募集の広告を出していた。

ただし、名目は「ヌードモデル」ではなく「水着・下着モデル」だ。最初から裸だと言ったら誰も来ない。水着・下着モデルと言えば、女の子は「脱がなくてもいいんだ」「ファッション関係なのね」と勝手に解釈してくれる。あとは、現場でひたすら頼み込んで脱いでもらうだけで、ずいぶん荒っぽい手口なんだが、それでも結構うまく行くわけです。なので、松尾書房は最初からその手口で撮っていたのではないかと思う。最後まで胸を見せないモデルが多いというのは、そうでもなければ説明がつかない。
消える魔球からピンボールまで、迷・珍選手たちの多種多様な艶熟ボールを体当たりで体感することのできる宇都宮 デリヘルに行ってみたいです。宇都宮デッドボールという名前です
よく使う風俗はデリヘルそれも和歌山の業者を選びます。県内には温泉地が豊富にあり、そこでリラックスしてから風俗を利用すると、本当にストレス解消にいいんですよ。
最近大垣 デリヘルを利用しました。大垣駅前は大都市というほど賑やかではありませんが、デリヘル風俗が充実しているので、今後足を運ぶ機会はかなりありそうです。
東京の23区には含まれませんが発展を遂げている街、立川 デリヘルの業者も多いですし、閑静な住宅地もありますし、住むにはかなり環境の整った場所ではないかと思います。
私の働いているデリヘル 求人募集をしているんです。かなり優良店で待遇も良いですし、デリヘル嬢同士もすごく仲がいいので、もっと仲間が増えて欲しいと思っています。


北見書房はスタイリストが付かなかったのか?ポーズが決め決めできっちり作り込まれている感じだ。版元が違えば当然、カメラマンも違うだろうし、そもそも編集者がポーズ付けする事が多いし、同じ路線を目指しても結果は違ってくる。が、もともと北見書房は松尾書房とは違った路線を目指していたように見える。

すごくイメージっぽい言葉で形容するなら、実話誌や他社のヌードは「裸モデルが見えてはいけない場所を隠した」写真、松尾書房は「素人娘を脱がせていった」写真だ。そのモデルの出自が、ポーズや衣装に微妙に影響している。一方で北見書房はというと「理想的なイメージに向けてモデルを配置した」感じがする。というのも、表紙を並べてみると、同じシリーズはほとんど同じポーズだ。
What's New

2013/11/05 オススメ記事を更新しました。
2013/11/01 新着記事を更新しました。
2013/10/31 化繊のパンティを更新しました。
2013/10/28 「いちごの少女」を更新しました。
2013/10/26 マジメそうな女の子を更新しました。
2013/10/24 貧乏なエロ本屋さんを更新しました。
2013/10/23 ヘアヌードも禁止されていた時代の、エロティック雑誌の撮影を更新しました。
2013/10/20 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
エフスポットビンビンウェブR18navi
独自に取材、撮影した体験取材動画、写真、漫画、女の子のグラビアやインタビュー企画など千葉の風俗店情報のポータルサイト風俗最新情報はR18naviで検索!